家づくりの方法によって異なる費用の相場

家づくりの方法によって異なる費用の相場

注文住宅の家づくりにおける諸費用の一般的な目安は、土地の購入代金と家づくりに要した建築費用を合計した金額の10%~12%が相場といされています。
例えば、土地代と建築費がそれぞれ2,000万円の場合では、諸費用は400万円から480万円が必要になることを覚えておきましょう。
なお、注文住宅は好みの建築方法でもある構造を選んで家づくりができるメリットがありますが、これは構造と建築を行う地域などによっても金額が異なります。
東京都内で注文住宅の家を建築するとき、木造55.5万円・鉄骨造117.7万円・RC造104.9万円、神奈川県では木造54.1万円・鉄骨造78.7万円・RC造88.3万円、地域および構造で金額に差があることが分かるのではないでしょうか。
これらの金額は本体工事費用から計算した坪単価で、東京都の場合は延べ床面積が37.8万円で神奈川県は37.3万円、総費用としては東京都が4,126万円で神奈川県が3,773万円の家を建築したときの相場です。

家づくりは資金計画を立ててから進めましょう

家づくりは多くの人が憧れていることです。
しかし、誰でも簡単に叶えられることではなく、叶えるためには資金を十分に用意しておく必要があります。
自分たちの生活に毎月必要とする費用、教育費や老後生活費など将来必要となる費用などを考慮し、また住宅ローンを借りる場合は返済が困難とならないように、適正な予算を決めておかなければなりません。
しかし、資金計画を自分たちで行うのは難しかったり、不安に思う方も多いでしょう。
そのような時は、ファイナンシャルプランナーなどの専門家に依頼するのがおすすめです。
家づくりのイベントや地域では無料相談会などが行われているので、そのような場を利用してみると良いでしょう。
また、詳細に計画を立てたい方は専門の業者に相談してみても良いでしょう。
家計を圧迫せず、後々後悔しないような理想の家づくりをしていくために、行動に移す前に一度立ち止まって資金計画を見直してみてはいかがでしょうか。

家づくりに関する情報サイト
理想の家を作ろう

当サイトは理想の家づくりをしたいなら知っておきたい基礎知識を解説しています。失敗しないために必須なことを知りたい場合におすすめです。住宅建設のパートナーとなる不動産会社の選び方も、このサイトで解説しています。どのように住宅メーカーを選べば良いか分からない場合に必見です。それから住宅建設の方法によって異なる費用の相場に関しても解説しています。どのくらいの費用が掛かるのか知りたい場合には目を通すことをおすすめします。

Search